個別銘柄情報(1/13分)

ソニー(6758)、CSは目標株価を引き下げ
2750円 75円高
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価「OUTPERFORM」を継続し、目標株価を従来の4200円から3500円に引き下げた。営業利益予想はデバイス部門を中心に16/3期3978億円→3511億円、17/3期5763億円→4930億円に下方修正したという。CISの見通し引き下げに加え、為替レート変更によりマイナス影響も織り込んだそうだ。一方、17/3期大幅増益とみる背景は、1)モバイル事業の構造改革効果、2)PS4好調継続によるゲーム事業の業績拡大、3)デバイス事業CISの稼働改善/売上増、16/3期に発生するとみられる電池減損費用がなくなること、などだという。

ジャパンディスプレイ(6740)、CSは目標株価を引き下げ
303円 14円高
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価は「NEUTRAL」に据え置いたが、目標株価を従来の410円から350円に引き下げた。営業利益予想を16/3期309億円→207億円、17/3期381億円→305億円に引き下げたという。16/3期3Qは130億円(会社計画130億円)、4Qは30億円の赤字と予想。4Qは中国スマホ向けが新製品向けで回復とみられるが(3Qは競争激化で停滞と推測)、大手ユーザー向け売上のQOQ大幅減と稼働率の低下を背景に赤字転落を予想したそうだ。

村田製(6981)、CSを目標株価を引き上げ
15310円 555円高
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価「OUTPERFORM」を継続し、目標株価を従来の22000円から23500円に引き上げた。16/3期4Q-17/3期2Qは北米大手スマホの減産影響で増益ペースは鈍化するが、通期ベースでは17/3期以降も二桁%台の増益率を維持できると考えたという。株価調整は実際の業績影響以上に進んでおり、来期に向けてのエントリーポイントを探りたいそうだ。

日電産(6594)、CSを目標株価を引き上げ
8080円 325円高
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価「OUTPERFORM」を継続し、目標株価を従来の10400円から11500円に引き上げた。CS予想営業利益を16/3期9%、17/3期10%、18/3期9%それぞれ減額したという。減額修正の約70-80%が振動デバイス(ハプティック)でのセット生産台数・シェア前提の引き下げによる影響、20-30%が車載/ACIM事業の3Q需要の低迷を織り込んだ影響だそうだ。一方、目標株価は、基準年度変更(16/3期から17/3期)を受け変更したという。

航空電(6807)、CSは投資評価を引き下げ
1502円 43円高
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価を従来の「Outperform」から「NEUTRAL」に引き下げ、目標株価を同4200円から1800円に引き下げた。車載ビジネスは電子部品セクター内でもトップクラスの成長率だが、同社ディスクロージャー体制の後退及び北米大手スマホのモメンタム鈍化を受け、バリュエーションは大幅にディスカウントされた状態にあるという。当面はカタリストに欠ける状態が継続すると考えたそうだ。

東宝(9602)、野村は目標株価を引き下げ
3165円 45円高
野村證券は、同社の投資判断を「Neutral」に据え置いたが、目標株価を従来の3200円から3000円に引き下げた。16.2期以降の業績予想を上方修正したが、不動産事業のマルチプル低下を理由に、目標株価を引き下げたという。適用基準年を従来の16.2期→17.2期へ移行。適用マルチプルは映画事業、演劇事業、その他事業を映画事業の好調な業績を理由に6倍→8倍へ、不動産事業を野村がカバーする不動産ディベロッパー11社平均約15倍を採用し、従来の22倍→15倍で評価したそうだ。業績は良好だが、17.2期は「シン・ゴジラ」等の期待作品もあるが、16.2期と比べるとやや小粒な作品が多い印象だという。

ネクソン(3659)、ドイツ証券は目標株価を引き上げ
1920円 108円高
ドイツ証券は、同社の投資判断「Buy」を継続し、目標株価を従来の2100円から2200円に引き上げた。同社は予想達成組となるとみられ、15/12期4Q業績は上振れの可能性が大きいという。既存ゲームである中国の「アラド戦記」(PC向け)と韓国でリリースされた「HIT」(モバイル向け)の双方が堅調な業績を支えると予想したそうだ。

りらいあコミュ(4708)、大和は「2」でカバレッジを開始
1129円 54円高
大和証券は、同社について、新規に投資判断を「2(アウトパフォーム)」、目標株価を1400円でカバレッジを開始した。今後の注目点は、(1)短期では、マイナンバー制度導入及び電力小売自由化による収益拡大、(2)長期では、自動応答導入による高収益モデルへ転換の可能性、の2点だという。マイナンバー関連では、既存取引先から従業員・取引先の番号登録業務受託が業績を牽引すると考えたそうだ。電力小売自由化では、新規事業者取り込みや既存事業者のコールセンター拡充需要が発生すると見たという。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ