個別銘柄情報(1/20分)

オイレス工(6282)、野村は目標株価を引き下げ
1691円 107円安
野村證券は、同社の投資判断は「Neutral」に据え置いたが、目標株価を従来の1800円から1750円に引き下げた。海外事業の強化(生産能力や開発・営業員の増強)へ向けて先行投資負担が嵩み、利益の伸びを抑制すると見たという。構造機器(免震・制震装置)は建築コスト(資材・労務費)の高止まり影響で需要が低価格品へシフトしており、需要減少・採算悪化で今来期は営業損失を継続すると考えたそうだ。野村では、営業利益は16.3期が50億円(下期は前年同期比10%減の29億円)・営業利益率8.2%、17.3期が前期比16%増の58億円を予想したという。

ライオン(4912)、野村は目標株価を引き上げ
990円 17円安
野村證券は、同社の投資判断は「Neutral」に据え置いたが、目標株価を従来の650円から1100円に引き上げた。DCFの基準決算期を14.12期から16.12期へ進め、予想10期間の営業利益が従来より20%増となったという。従来よりも国内の高付加価値品の投入による収益性向上が進んでいることを評価したそうだ。

中部電(9502)、SMBC日興は投資評価を引き上げ
1435円 44円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価を従来の「3」から「2」に引き上げ、目標株価1600円は継続した。16/3期の予想経常利益を、想定スライド差益及び燃料費低減等を織り込み、従来の1300億円から2058億円へ上方修正したという。17/3期も同様の背景から、608億円から864億円へ上方修正したそうだ。株価下落で割高感が解消したと判断したという。

LIXILグループ(5938)、CSは投資評価を引き上げ
2420円 56円安
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価を従来の「Underperform」から「NEUTRAL」に引き上げ、目標株価を同2300円から2400円に引き上げた。資材費の下落を織り込み、17年3月期営業利益予想を1010億円(CS従来予想965億円、IBESコンセンサス979億円)に引き上げたという。また、2016年6月にトップマネジメントが交代する予定で、このことが短期的に業績に影響を与える可能性は低いと考えたそうだ。

グリコ(2206)、MUMSSは「Overweight」でカバレッジを開始
5730円 10円安
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS)は、同社について、新規にレーティングを「Overweight」、目標株価を7500円でカバレッジを開始した。(1)2013年よりスタートしたカテゴリーマネジメント制度は、国内で「ポッキー」などコア製品の成長を促進し、収益性が改善しているという。(2)2020年に世界で10億ドルのポッキーの販売を目標に掲げ、成長が加速するアジア事業は、中国では上海地域からのエリア拡大、タイはASEAN向けの輸出が拡大しているそうだ。エリア拡大に伴う経費増を、コアブランドへの集約による生産性改善で吸収、高い収益性を維持できるという。

ファーストリテイ(9983)、MUMSSは目標株価を引き下げ
35650円 1570円安
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティングは「Neutral」に据え置いたが、目標株価を従来の43500円から40200円に引き下げた。収益寄与の大きい「国内ユニクロ事業」や「グレーターチャイナ・韓国ユニクロ事業」の秋冬シーズンの販売が暖冬の影響などで伸び悩んだことを踏まえMUMSS予想を下方修正したという。今後の同社にとって「価格引き上げ後の国内ユニクロ事業の販売基調」、「中国・米国ユニクロ事業の業況」、「ジーユー事業の収益性」、「Eコマースの成長」が重要課題となると考えているそうだ。

パソナ(2168)、MUMSSは目標株価を引き下げ
683円 57円安
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティングは「Overweight」に据え置いたが、目標株価を従来の1300円から1200円に引き下げた。1H決算及び取材等を踏まえ、MUMSS予想を微減額したという。営業利益予想を、16/5期53億円(前期比52%増)→51億円(同46%増、会社計画47億円)、17/5期86億円(同62%増)→84億円(同65%増)に変更したそうだ。

富士重(7270)、MUMSSは目標株価を引き下げ
4364円 156円安
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティングは「Overweight」に据え置いたが、目標株価を従来の6100円から5700円に引き下げた。為替前提変更に伴い、業績予想を引き下げたという。MUMSS予想営業利益は、16/3期5700億円(従来5750億円)、17/3期6000億円(同6500億円)、18/3期6300億円(同6800億円)だそうだ。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

最強!!株トレード投資顧問

株トレ

短期取り組み銘柄に強く、旬のテーマ株情報もいち早く配信している投資顧問です。登録後すぐに株トレード投資顧問一押しの3銘柄を無料で見ることができるとのこと。まずはその銘柄の動きを見て力を確かめてみるといいでしょう。無料銘柄相談も忘れずに。免許を受けた投資助言代理業だからこそ売り買いの指示を的確にしてくれるはずです。

>>株トレード投資顧問への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ