個別銘柄情報(1/7分)

不二越(6474)、SMBC日興は投資評価を引き下げ
486円 38円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価を従来の「1」から「2」に引き下げ、目標株価を同880円から640円に引き下げた。同社の15/11期営業利益予想を、旧223億円→新196億円、16/11期を旧240億円→新204億円に修正したという。15/11期会社予想営業利益205億円、16/11期中計目標250億円は共に未達と予想したそうだ。主にベアリングの15/11期売上高予想を従前予想から下方修正したため、固定費・販管費が従来想定より増加したと考えたという。また、16/11期中計に対しては主に油圧機器で伸び率が想定を下回ると予想。

タチエス(7239)、いちよしは「A」でカバレッジを開始
1879円 63円高
いちよし経済研究所は、同社について、新規にレーティングを「A」、フェアバエリューを2400円でカバレッジを開始した。中国やメキシコなど海外新拠点が投資回収期に入っているという。2017.3期にかけて同業他社を上回る利益成長が可能と見ることに加えて、一層の受注拡大が期待されるそうだ。いちよしでは、2016.3期営業利益予想を52億円から70億円(前期比318.7%増)へと上方修正したそうだ。

COOK(2193)、いちよしはフェアバリューを引き上げ
2328円 85円安
いちよし経済研究所は、同社のレーティング「A」を継続し、フェアバリューを従来の2800円から3200円に引き上げた。同社の「広告事業」の売上高は従前予想を下回っており、今後の成長牽引役である「買物情報事業」の収益化についても想定よりも遅れていることから、今来期の業績予想を引き下げたという。一方、同社の事業プラットフォームは予想以上に強力と認識したことから、17.12期以降の業績予想を引上げたそうだ。

ベルク(9974)、いちよしはフェアバリューを引き上げ
4325円 30円安
いちよし経済研究所は、同社のレーティング「A」を継続し、フェアバリューを従来の5100円から5800円に引き上げた。12月(速報)の既存店増収率は前年同月比5.0%増で着地した模様で、2016.2期第4四半期も滑り出し順調だという。また、継続的な売上好調を考慮し、2017.2期予想を見直し、連結営業収益1963億円(前期予想比9%増)、営業利益94億円(同12%増)を予想したそうだ。

ABCマート(2670)、野村は目標株価を引き下げ
6130円 220円安
野村證券は、同社の投資判断は「Buy」に据え置いたが、目標株価を従来の7800円から7600円に引き下げた。17.2期以降の野村予想を下方修正したという。円安影響など採算悪化は一巡しようが、新規出店が40~50店へ減速見通しなことを織り込んだそうだ。徹底した接客と商品在庫の充実で成長を続けてきたが、成長制約の高まりは懸念だそうだ。

大研医器(7775)、野村は目標株価を引き下げ
997円 5円安
野村證券は、同社の投資判断は「Buy」に据え置いたが、目標株価を従来の1550円から1275円に引き下げた。16.3期は、売上高・営業利益ともに会社予想を下回る公算大と見たという。吸引器のQinPotはアグレッシブな会社目標値に達することは難しいと考えたそうだ。注入器のPCA機能(患者が麻酔投与時期を調整可能)付きシリンジェクターは競合企業との価格競争が激化しているという。一方、新製品のMEMSマイクロポンプ製品に対する期待は変わらないそうだ。

ライトオン(7445)、MUMSSはレーティングを引き下げ
1488円 33円高
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティングを従来の「Neutral」から「Underweight」に引き下げ、目標株価は同760円から1160円に引き上げた。秋以降の販売基調の一段の好転を受けて株価はすでに大きく上昇しており、カバレッジセクター内における同社の今後の株価パフォーマンスが相対的に下位になると考えたという。一方、TV CMを再開、商品を絞りつつ積極的な販促を仕掛けるなか1Q(9~11月)を通じて売上高が好調に推移してきたことを踏まえMUMSS予想を上方修正したそうだ。

ポーラオルHD(4927)、MUMSSは目標株価を引き上げ
7800円 60円高
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティング「Overweight」を継続し、目標株価を従来の7500円から8400円に引き上げた。16/12期は、現中計の最終年度となるが、インバウンド需要と、育成ブランドの収益改善も寄与し、中計数値目標の売上高(約2100億円)、営業利益率(11%以上)は超過達成されると見たという。配当について、ROE8%以上の目標達成に応じた増配額が期待できると考えたそうだ。MUMSSでは、1株当たり配当予想を、15/12期150円、16/12期230円を予想。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ