個別銘柄情報(4/1分)

クレセゾン(8253)、CSは目標株価を引き上げ
1939円 20円安
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価「OUTPERFORM」を継続し、目標株価を従来の2515円から2650円に引き上げた。CSでは、和解金14975百万円の支払いは17/3期特別利益として計上されると予想し、業績予想を修正したという。来期の経常増益要因は、(1)150億円の利息返還引当金繰入の消失、(2)セゾン情報の取込み損失消失、(3)リボ払い増加などのカード事業の増益、(4)不動産関連ファイナンスの増加、以上4点だそうだ。

日本アクア(1429)、いちよしは「A」でカバレッジを開始
390円 80円高のストップ高
いちよし経済研究所は、同社について、新規にレーティングを「A」、フェアバリューを600円でカバレッジを開始した。同社は、住宅性能の向上を図る中小ビルダー、及び発泡ウレタン断熱市場の大きい建築物向けの営業活動を積極化しているという。低価格戦略と全国に構築した施工ネットワークを武器に中期的な利益成長が可能と判断したそうだ。16.12期は製造原価の改善により前期比58%の営業増益を予想。同社の売上高は省エネ意識の高い中小ビルダーを中心に採用が拡大しており、シェアアップによる業績の伸長が期待できるという。

大陽日酸(4091)、野村は投資判断を引き上げ
1027円 41円安
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Reduce」から「Neutral」に引き上げ、目標株価1100円は据え置いた。株価下落により、株価の割高感は薄れたと判断したという。16.3期営業利益は従来予想比10億円増の439億円と予想。増額要因として訪日外国人に対するサーモス需要の堅調持続で14億円、減額要因として北米ガス事業の供給過剰に起因するヘリウム市況悪化と石油掘削向け等のハードグッズ需要の軟化で約4億円を見込んだそうだ。

電化(4061)、野村は目標株価を引き下げ
454円 9円安
野村證券は、同社の投資判断は「Neutral」に据え置いたが、目標株価を従来の600円から520円に引き下げた。主に円高による輸出採算の悪化を考慮し、業績予想を下方修正したという。16.3期は会社計画の営業利益300億円を若干上回る304億円を予想。主な要因は2~3月にクロロプレンゴムの出荷が持ち直していることや、シンガポール子会社(液晶導光板用のMSレジン、電池材料のデンカブラックなどが主力)が原料安メリットを享受していることだという。

アイシン精(7259)、GSは目標株価を引き下げ
4110円 130円安
ゴールドマン・サックス証券は、同社の投資判断は「買い」に据え置いたが、目標株価を従来の5800円から5600円に引き下げた。ユーロ前提の変更(130円→125円)とアセアン地域の売上見通しを引き下げ、GS16/3-18/3期営業利益予想を5%/3%/4%減額修正したという。また、16/3期に関しては、愛知製鋼の工場事故によるトヨタの国内減産影響(10万台弱)を追加で織り込むことで、会社計画(1750億円)並みに留まるとの見方に変更したそうだ。

トヨタ紡織(3116)、GSは投資判断を引き上げ
1931円 97円高
ゴールドマン・サックス証券は、同社の投資判断を従来の「中立」から「買い」に引き上げ、目標株価は同2600円から2500円に引き下げた。16/3期営業利益予想は愛知製鋼問題を加味し530億円→520億円へ減額も、17/3-18/3期は13%/14%大幅増額したという。国内の挽回生産に加え、リストラ効果を織り込み欧州事業の黒字化を新たに予想したそうだ。

デンソー(6902)、GSは目標株価を引き下げ
4236円 288円安
ゴールドマン・サックス証券は、同社の投資判断は「中立」に据え置いたが、目標株価を従来の5400円から5200円に引き下げた。ユーロ前提の変更(130円→125円)とアセアン地域の売上見通しを引き下げ、GS16/3-18/3期営業利益予想を3%/2%/4%減額修正したという。また、16/3期に関しては、愛知製鋼の工場事故によるトヨタの国内減産影響(10万台弱)を追加で織り込んだ結果、会社計画(3320億円)をやや下回るとの予想に変更したそうだ。

日写印(7915)、みずほは目標株価を引き下げ
1632円 16円安
みずほ証券は、同社の投資判断は「中立」に据え置いたが、目標株価を従来の2600円から1820円に引き下げた。営業利益につき、16/3期は会社計画と同額の着地を予想し、17/3期は為替影響により減益を予想したという。一方、3DタッチセンサーやOLED用タッチセンサーに期待が持てる17/3期でもあるという。OLEDの場合、TFT基板がフレキシブルであると考えられ、タッチセンサーをTFT基板に組み込むインセル構造は適用困難と考えたそうだ。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

勝ち株ナビ

勝ち株ナビ

プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析、データ・メソッドをフル活用した解析プログラム、社会情勢判断を踏まえた高度な分析、海外市場動向も随時チェックしあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

>>勝ち株ナビへの無料登録はコチラ<<

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「弾丸トレード」!即日急騰期待の銘柄をその日の寄り付き前にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。寄り付きで買って急騰タイミングで利益を確定、デイトレーダー向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ