個別銘柄情報(4/7分)

宇部興(4208)、野村は目標株価を引き下げ
185円 4円高
野村證券は、同社の投資判断は「Neutral」に据え置いたが、目標株価を従来の250円から205円に引き下げた。17.3期営業利益予想を338億円と従来予想比18億円減額したという。主な要因は、カプロラクタム事業の悪化で15億円(スプレッド前提を$100/t引き下げ$680/tとした)、医薬事業の販売減で3億円だそうだ。また、セパレーターは本格的な拡大期、電解液はコスト増で苦戦気味だという。

しまむら(8227)、野村は目標株価を引き上げ
14220円 20円安
野村證券は、同社の投資判断は「Neutral」に据え置いたが、目標株価を従来の14800円から16000円に引き上げた。野村予想を上方修正したという。主力のしまむら業態で販売計画の予実格差の縮小による値引きロスの削減を見込み、売上高総利益率を引き上げたそうだ。17.2期営業利益は採算改善効果で前期比15%増益と増益率上昇が予想されるという。

ライオン(4912)、GSは「買い(コンビクション)」でカバレッジを開始
1351円 83円高
ゴールドマン・サックス証券は、同社について、新規に投資判断を「買い(コンビクション)」、目標株価を1550円でカバレッジを開始した。強気の投資判断のポイントは、1)FY15を起点としたFY20までの営業利益のCAGRを14%と、同社の過去5年間の成長率(+9%)からの加速(FY17のGS予想はBBGコンセンサスを10%上回る)、2)キャッシュフローの創出力上昇を背景とした継続的な増配基調、3)中国事業の収益化、を予想する点にあるという。高い利益成長を背景に、同業他社に対するバリュエーションのディスカウントは修正される余地が大きいと考えたそうだ。

村田製(6981)、GSは投資判断を引き上げ
12690円 415円高
ゴールドマン・サックス証券は、同社の投資判断を従来の「中立」から「買い」に引き上げ、目標株価は同18200円から17200円に引き下げた。円高と業界全般の調整を反映し、今後12ヵ月の目標株価を減額もカバレッジ内での上値余地上昇から投資判断を引き上げたという。決算イベント(例年慎重なガイダンス)を過ぎれば業績地固めが完了し、年中盤頃には株価と相関性の強いYoY受注伸び率改善に視点が移ると予想したそうだ。

大和工(5444)、CSは投資評価を引き下げ
2366円 260円安
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価を従来の「Outperform」から「NEUTRAL」に引き下げ、目標株価を同4100円から2500円に引き下げた。15年度3Qまで約2年間続いたメタルスプレッドの拡大は、鉄スクラップ価格の反転により今後縮小に向かう可能性が高いという。さらに中東合弁事業では、オイル価格下落に伴う鉄鋼需要低迷などにより投資損失リスクが高まっているそうだ。

愛知鋼(5482)、CSは目標株価を引き下げ
400円 2円高
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価は「NEUTRAL」に据え置いたが、目標株価を従来の530円から460円に引き下げた。16年1月8日に発生した知多工場第2棒線圧延工場の爆発事故後、設備の復旧が完了し、3月21日から生産を再開。今回の爆発事故は主要顧客のトヨタ(7203)の生産などに大きな影響を与えたが、生産再開により17年3月期の業績は回復に向かう可能性が高いという。爆発事故後に下落した株価もいったんは回復が見込まれるそうだ。

三井金(5706)、CSは目標株価を引き下げ
166円 8円安
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価は「NEUTRAL」に据え置いたが、目標株価を従来の220円から160円に引き下げた。17年3月期の会社経常利益計画は、減損解消などによりコンセンサス予想(200億円程度)を上回る250億円程度となる可能性もあり、その場合は短期的な株価上昇もありうるという。ただ、最大400億円の追加減損の可能性もあり、楽観はできないそうだ。なお、120円/USDで新年度分の70%を予約していることは業績下支え要因だという。

日精工(6471)、大和は投資判断を引き下げ
875円 26円安
大和証券は、同社の投資判断を従来の「2」から「3」に引き下げ、目標株価を同1450円から800円に引き下げた。為替影響に加えて、産業用を中心とした需要停滞の継続、自動車メーカーからの価格圧力の高まり懸念もあり、17/3期を中心に業績予想を下方修正をしたという。新たな大和予想を前提としたベアリングメーカー各社の17/3期予想PERはいずれも9倍程度と一桁の水準。しかし、自動車メーカーが同6~7倍程度で推移していることや、為替感応度の高さ、最も収益性の高い産業用ベアリング需要の低迷を考慮すれば、同9倍台のPERに割安感は見出し難いと考えたそうだ。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ