個別銘柄情報(6/28分)

しまむら(8227)、野村は投資判断を引き上げ
15830円 1280円高
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Neutral」から「Buy」に引き上げ、目標株価を同16000円から17000円に引き上げた。野村予想を上方修正したという。6月の既存店販売はしまむら業態で前年同月比7.5%増収(曜日要因+2%)と好調が続いている他、今後見込まれる円高による採算改善や、17年4月予定であった消費増税の延期も織り込んだそうだ。17.2期営業利益は前期比19%増益と久しぶりに会社計画を超過見通しで、計画未達を見込むコンセンサス予想(QUICK449億円)も上方修正に向かうと見たという。

アシックス(7936)、野村は投資判断を引き下げ
1652円 34円安
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Buy」から「Neutral」に引き下げ、目標株価を同2700円から2000円に引き下げた。北米の構造改革に時間を要しており米州の早期回復が見込みづらくなったうえ、同社最大の利益源である欧州事業は、英国のEU離脱で今後の先行きを楽観視できなくなったという。円高も重石になるそうだ。

ブリヂストン(5108)、野村は投資判断を引き上げ
3204円 75円安
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Neutral」から「Buy」に引き上げ、目標株価は同4100円から3700円に引き下げた。Brexitに伴う欧州新車需要減速や世界経済の不透明感が高まる中、ストック需要である市販(REP)タイヤのディフェンシブ性が選好される局面と判断したという。野村では、今後の為替102円/ドルを前提に16.12期OPを前期比7%減の4835億円(会社5200億円)と予想したそうだ。

アリアケ(2815)、SMBC日興は投資評価を引き下げ
6400円 変わらず
SMBC日興証券は、同社の投資評価を従来の「1」から「2」に引き下げ、目標株価を同6900円から6660円に引き下げた。目標株価を引き下げたが、為替前提を円高へ見直したことによる業績予想の減額修正が主因で、業績の基本観に変更はないという。業績予想修正後も、SMBC日興は17/3~22/3期へ向けて営業利益が年13%増ペースで拡大するとみているそうだ。国内では、少子高齢化に伴う世帯人数の減少を背景に、中・外食へと食シーンがシフトしており、中・外食向けにB2Bで畜産系天然調味料をベースとした製品を製造販売する同社には、構造的に追い風だそうだ。

大陽日酸(4091)、SMBC日興は投資評価を引き上げ
955円 61円高
SMBC日興証券は、同社の投資評価を従来の「2」から「1」に引き上げ、目標株価を同980円から1050円に引き上げた。6月24日15時に、同社が「米国での産業ガス事業並びに関連資産買収の件」と題するリリースを公表。エア・リキードの米国産業ガス事業の部分買収をてこに、同社の米国事業が再度収益拡大局面へ転じる可能性が大きくなったうえに、円高進行という厳しい事業環境下、同社のディフェンシブ性がポジティブに評価される局面と見たという。今回の案件や為替前提の変更等の差し引きで17/3~19/3期予想を増額修正したそうだ。

キヤノン(7751)、SMBC日興は投資評価を引き上げ
2861円 85.5円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価を従来の「3」から「2」に引き上げ、目標株価を同2800円から3100円に引き上げた。事務機業界の構造変化に伴う同社の比較劣位や、為替の逆風という本業での厳しさに変化はないが、有機EL投資ブームによる収益押し上げ効果で、17/12期営業利益は従来想定比400億円、約15%の上方修正したという。為替は逆風だが、17/12期は前期比5%増益を目指せる規模へ拡大すると考えたそうだ。

大和証G(8601)、CSは投資評価を引き下げ
521.6円 11.4円安
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価を従来の「Neutral」から「UNDERPERFORM」に引き下げ、目標株価を同610円から450円に引き下げた。4月以降の市場動向、投資家のリスクアぺタイトの低迷によるリテール利益減少の可能性から、同社業績予想を下方修正したという。また、金融セクターのERPが上昇していることもあり、投資評価を引き下げたそうだ。

DMG森精機(6141)、大和は投資判断を引き下げ
926円 34円安
大和証券は、同社の投資判断を従来の「2」から「3」に引き下げ、目標株価を同1500円から1000円に引き下げた。今回のBREXIT問題を受け、英国のみならず欧州域内における設備投資動向が停滞する可能性は否定できないという。現状、大和予想は、営業利益ベースで16/12期:240億円(会社計画250億円)、17/12期:280億円(前期比17%増)、為替前提は、ドル110円、ユーロ125円だそうだ。17/12期には、北米の損益改善やAGとの協業によるコスト削減等により二桁増益が可能と見ているという。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

勝ち株ナビ

勝ち株ナビ

プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析、データ・メソッドをフル活用した解析プログラム、社会情勢判断を踏まえた高度な分析、海外市場動向も随時チェックしあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

>>勝ち株ナビへの無料登録はコチラ<<

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ