個別銘柄情報(8/12分)

日ガス(8174)、GSは「買い」でカバレッジを開始
2529円 193円高
ゴールドマン・サックス証券は、同社について、新規に投資判断を「買い(コンビクション)」、目標株価を4000円でカバレッジを開始した。寡占度が極端に低い分散型市場である日本のLPG小売業界では緩やかに淘汰・集約が進みつつあるという。この中でニチガスは、革新的な物流・ICTシステムによるローコスト・オペレーションを武器に、受け皿となって顧客数を拡大しているそうだ。また、大規模投資なしに売上拡大が可能なことから利益率も上昇すると考えたという。

オリコ(8585)、野村は「Buy」でカバレッジを開始
206円 11円高
野村證券は、同社について、新規に投資判断を「Buy」、目標株価を250円でカバレッジを開始した。同社の「3つのネガティブ要因=負の遺産」がなくなる局面に入ったと判断したという。(1)利益剰余金の積み上がりにより、同社による優先株の買入消却と普通株配当の復活が視野に入ってきた、(2)キャッシング事業の業績底打ち、(3)利息返還請求件数の減少、以上3点だそうだ。

アルバック(6728)、野村は投資判断を引き下げ
2757円 358円安
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Buy」から「Neutral」に引き下げ、目標株価を同3632円から3510円に引き下げた。構造改革の成果は野村の期待通りに発揮されているが、FPD製造装置受注にはピークアウト感が出ており、半導体製造装置は、顧客が3D-NANDの投資を優先させているため、NVM用の投資時期が遅れているという。17.6期以降の我々の業績予想を若干引き下げ、19.6期は前期比減収減益を予想したそうだ。

SMC(6273)、野村は目標株価を引き上げ
28770円 630円高
野村證券は、同社のレーティング「Buy」を継続し、目標株価を従来の32000円から34200円に引き上げた。設計や製造法の見直しによるコストダウンが進んでいると推察されることなどから野村予想を増額修正したという。同社は顧客産業では半導体などの電機が世界売上の約25%、地域では中国・アジアが同34%と比較的高い。半導体投資、中国・アジアの回復を享受しやすく、今が循環成長株である同社株の投資好機と見ているそうだ。

森永菓(2201)、野村は目標株価を引き上げ
738円 100円高のストップ高
野村證券は、同社の投資判断「Buy」を継続し、目標株価を従来の800円から1000円に引き上げた。Q1決算の好調を踏まえ会社はQ1の業績上振れ分のみ反映し17.3期通期会社計画を上方修正。生産効率の改善の継続が見込まれる点、POSデータによると7月も「ウイダーin ゼリー」が前年同月比21%増と好調が続いている点を踏まえると保守的と考えたという。主力製品群の売上前提を見直し野村予想を上方修正、営業利益は17.3期に前期比34%増益の153億円を予想したそうだ。18.3期は同7%増益の164億円、主力製品への集中と海外での赤字縮小などを予想したという。

朝日インテック(7747)、野村は目標株価を引き上げ
4970円 430円高
野村證券は、同社の投資判断「Buy」を継続し、目標株価を従来の6100円から6400円に引き上げた。主力ガイドワイヤーSion Blueが普及していない地域は世界で唯一米国であることを考えると、野村は同社が直接販売へと切り替える可能性が高いと考えたという。18.6期の米国ガイドワイヤー売上高を40億円と推定して、卸値から売価になるため19.6期には1.4倍の56億円になると見たそうだ。差分は利益となる。卸値と売価の差が不透明であるためあくまでも保守的な前提で予想に織り込んだという。

COOK(2193)、大和は投資判断を引き下げ
1046円 9円安
大和証券は、同社の投資判断を従来の「2」から「3」に引き下げ、目標株価を同1950円から1250円に引き下げた。広告枠・対象商材の見直し、今後の成長のための国内外における採用見直し等を考慮し、業績予想の見直しを行ったという。17/12期については積極的な投資の加速、広告見直しの影響がフル寄与することから営業減益を予想したそうだ。

ローム(6963)、MUMSSは目標株価を引き上げ
4950円 5円高
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティング「Overweight」を継続し、目標株価を従来の5300円から5600円に引き上げた。1Qは、成長に必要な設備投資や研究開発費には資金を投じる一方、それ以外のコストを再度徹底的に見直すアクションを採ったことが成果を発揮した印象だという。MUMSS利益予想を上方修正。営業利益は17/3期を106億円→195億円、18/3期を167億円→205億円、19/3期を287億円→325億円へ増額したそうだ。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ