個別銘柄情報(8/8分)

小野薬(4528)、野村は投資判断を引き下げ
2881円 700円安のストップ安
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Buy」から「Neutral」に引き下げ、目標株価を同6200円から3800円に引き下げた。現地時間5日にOpdivoの共同開発パートナーであるBristol-Myers Squibb社(以下BMS社)が非小細胞肺がん未治療患者(以下1L患者)を対象としたPhase3臨床試験CheckMate-026試験の主要評価項目を達成できなかったことを発表。臨床試験の失敗を受け、最も患者数の多い肺がん1LはMerck社のPD-1抗体であるKeytrudaが奪うことが予想されるそうだ。

大塚HD(4578)、野村は投資判断を引き上げ
4713円 116円高
野村證券は、同社の投資判断を従来の「Neutral」から「Buy」に引き上げ、目標株価を同4700円から6000円に引き上げた。小野薬品工業(4528)のOpdivoの臨床試験の失敗を受けて、同社の子会社である大鵬薬品工業がMerck社と共同販売するPD-1抗体のKeytrudaの売上ポテンシャルが大幅に高まったという。新たにKeytrudaの業績貢献を織り込み、営業利益予想を上方修正したそうだ。

リコー(7752)、野村は目標株価を引き下げ
911円 27円安
野村證券は、同社の投資判断は「Neutral」に据え置いたが、目標株価を従来の1171円から878円に引き下げた。会社は、17.3期業績計画を下方修正。売上高は前回予想を1300億円下方修正の2兆400億円(前期比7.7%減収)、営業利益は同220億円下方修正の550億円(同46.2%減益)。営業利益の下方修正はインド関連費用65億円、為替影響157億円の影響が大きいという。17.3期予想営業利益率3%割れで再建に待ったなしだそうだ。

カカクコム(2371)、SMBC日興は投資評価を引き下げ
1806円 138円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価を従来の「2」から「3」に引き下げ、目標株価を同2300円から1750円に引き下げた。1Q決算を踏まえSMBC日興営業利益予想を減額したという。(1)1Qの価格.comのショッピング事業での消費財売上高の伸び率鈍化(15/3期、16/3期はYoY20%強成長も、17/3期1Qは+6%)を踏まえ、消費財売上高伸び率を17/3期YoY+20%→+6%に変更。(2)1Qでの食べログの有料店舗数の増加ペースの鈍化(16/3期1Qおよび2QYoY +9000店前後、3Qおよび4Q +7000店前後、17/3期1Q +5300店)を踏まえ、増加ペースを引き下げ(17/3期末+6000店→+4000店)等。18/3期以降の営業増益率は1桁になると予想したそうだ。

マブチ(6592)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
5070円 440円高
SMBC日興証券は、同社の投資評価は「2」に据え置いたが、目標株価を従来の5100円から5600円に引き上げた。通期会社予想修正のうち、売上高1500億円から1350億円への下方修正は、ほぼ想定線であったが、営業利益の新計画218億円は、SMBC日興従来予想187億円と比較すると下方修正幅が小さく、原材料価格の低下影響がSMBC日興想定よりも大きかったと推察されるという。このため、原材料価格低下のプラス効果を織り込み、16/12期以降の業績予想を上方修正したそうだ。

日電産(6594)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
9537円 182円高
SMBC日興証券は、同社の投資評価「1」を継続し、目標株価を従来の8300円から10000円に引き上げた。今回の買収により、同社の民生・商業・産業用モータの売上高は、18/3期に40億米ドルにまで拡大すると予想(ACIM売上高は、18/3期で4,600億円)、競合他社のモータ売上高の20億~30億米ドルと比較して、一歩、抜きん出そうだという。調達の一本化、開発の効率化と新製品投入の加速、過去の買収事業との組み合わせによるシナジー効果の発現など、利益改善の確度は高まったと見たそうだ。19/3期ACIMの営業利益は、従来297億円(OPM10.9%)から581億円(11.9%)へ、21/3期は、従来337億円(11.4%)から816億円(15.2%)に予想を引き上げたという。

小糸製(7276)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
5040円 10円高
SMBC日興証券は、同社の投資評価は「2」に据え置いたが、目標株価を従来の5000円から5500円に引き上げた。SMBC日興業績予想を上方修正したという。17/3期営業利益は760億円から850億円(前期比+3.4%)へと増額、ガイダンス(780億円)を9.0%上方着地すると予想したそうだ。また、上期営業利益は380億円(前年同期比+17.3%)とガイダンス(360億円)を上回ると予想。LEDヘッドランプのみならず、既存のHIDやハロゲンでさえも、国内外からの旺盛な需要に沸いているという。

LINE(3938)、みずほは「買い」でカバレッジを開始
4075円 115円高
みずほ証券は、同社について、新規に投資判断を「買い」、目標株価を5200円でカバレッジを開始した。広告牽引で短期業績は高伸長。4-6月に立ち上がった広告新商材の成長持続と一時費用の一巡で、17/12期営業利益は前期比倍増見通しだという。電話、メール、Web閲覧などのやり取りが、メッセージング上での人工知能とのコミュニケーションに代替される可能性が指摘されるそうだ。また、世界的に株式市場で有力メッセージング企業の評価上昇が鮮明で、その中でも同社バリュエーションには割安感があるという。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

最強!!株トレード投資顧問

株トレ

短期取り組み銘柄に強く、旬のテーマ株情報もいち早く配信している投資顧問です。登録後すぐに株トレード投資顧問一押しの3銘柄を無料で見ることができるとのこと。まずはその銘柄の動きを見て力を確かめてみるといいでしょう。無料銘柄相談も忘れずに。免許を受けた投資助言代理業だからこそ売り買いの指示を的確にしてくれるはずです。

>>株トレード投資顧問への無料登録はコチラ<<

勝ち株ナビ

勝ち株ナビ

プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析、データ・メソッドをフル活用した解析プログラム、社会情勢判断を踏まえた高度な分析、海外市場動向も随時チェックしあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

>>勝ち株ナビへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ