個別銘柄情報(12/14分)

九州電(9508)、SMBC日興は投資評価を引き下げ
1263円 58円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価を従来の「1」から「2」に引き下げ、目標株価を同2000円から1400円に引き下げた。これまでの原子力規制委員会の適合性審査の進捗ペースや17/3期からの電力全面自由化等の影響を織り込み、玄海3・4号の再稼働時期を従来の17/3期2Qから18/3期2Q以降に繰り下げたという。また、会社側が財務の安定性を重視していることを踏まえ、配当予想を引き下げたそうだ。

大ガス(9532)、SMBC日興は投資評価を引き下げ
432.2円 19.7円安
SMBC日興証券は、同社の投資評価を従来の「1」から「2」に引き下げ、目標株価を同530円から500円に引き下げた。SMBC日興では、16/3~18/3期の業績予想を下方修正したという。16/3期の予想経常利益は、電力事業の収益減から、従来の1213億円から1172億円に減額修正したそうだ。17/3期の予想経常利益は、スライド差益の縮小、電力及び海外事業の採算悪化等を見込み、従来の1192億円から916億円に下方修正したという。

テンプHD(2181)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
1871円 10円高
SMBC日興証券は、同社の投資評価「1」を継続し、目標株価を従来の2067円から2300円に引き上げた。人材関連のコア銘柄として中期的な視点での投資を推奨したいという。ポイントは、(1)派遣領域での大手寡占化の進行やM&Aによる成長機会の拡大、(2)「an」のフリーペーパー休刊による費用削減とプロモーション強化による売上成長期待、(3)「DODA」の高成長、企業の生産性改善を目的としたBPO需要の拡大といった既存事業の成長、等だそうだ。

エンJPN(4849)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
4090円 70円高
SMBC日興証券は、同社の投資評価「1」を継続し、目標株価を従来の2067円から2300円に引き上げた。人材関連銘柄のトップピックとして推奨したいという。ポイントは、(1)求人サイト「エン転職」が16/3期上期決算以降も好調が続いており、通期会社計画の超過達成は可能とみること、(2)来期も35%の営業増益と高い成長が続くとみること、(3)来期以降、人材紹介「エンエージェント」の業績貢献が期待されること、等だそうだ。

メニコン(7780)、東海東京は「Outperform」でカバレッジを開始
3015円 99円高
東海東京調査センターは、同社について、新規に投資評価を「Outperform」、目標株価を3700円でカバレッジを開始した。同社は、本年7月、12月に相次いで有力製品を投入したが、会社計画にはこれらの寄与が織り込まれていないという。このため、東海東京では、16/3月の営業利益が会社計画を上回る前年比43%増と予想したそうだ。また、中長期的にも新製品投入やアジア市場の開拓を軸に高成長が続く見込みだとも。

大成建(1801)、CSは投資評価を引き下げ
788円 8円安
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価を従来の「Neutral」から「UNDERPERFORM 」に引き下げ、目標株価を同900円から830円に引き下げた。CS予想の営業利益は、16年3月期914億円(会社計画840億円、CS従来予想761億円、IBESコンセンサス854億円)、17年3月期1002億円(CS従来予想879億円、IBESコンセンサス936億円)、18年3月期1071億円(CS従来予想946億円)だという。一方、相対的な投資魅力が低下したことから、投資評価を引き下げたそうだ。

鹿島(1812)、CSは投資評価を引き上げ
726円 4円高
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価を従来の「Underperform」から「NEUTRAL」に引き上げ、目標株価を同760円から800円に引き上げた。建築事業における収益性の改善が続き、利益成長が実現すると考えたとうい。懸念材料であったアルジェリアについては、引当金は十分にとっているとみられ、交渉次第では工事代金の回収の可能性もあるそうだ。ただし、株価は同社の17年3月期の利益成長を織り込んでおり、株価バリュエーションは適正な水準にあると考えているという。

大和工(5444)、大和は投資判断を引き上げ
3050円 35円安
大和証券は、同社の投資判断を従来の「4」から「3」に引き上げ、目標株価を同2680円から3130円に引き上げた。15年度大和予想は経常利益で276億円(従来194億円)へ引き上げたという。世界的なスクラップ価格低迷を踏まえて各営業拠点のスプレッド前提を上方修正した他、為替前提の円安方向への見直し、韓国事業の収益見通し引き上げ、米国ニューコア・ヤマトの収益拡大等を主な上方修正要因として織り込んだそうだ。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

最強!!株トレード投資顧問

株トレ

短期取り組み銘柄に強く、旬のテーマ株情報もいち早く配信している投資顧問です。登録後すぐに株トレード投資顧問一押しの3銘柄を無料で見ることができるとのこと。まずはその銘柄の動きを見て力を確かめてみるといいでしょう。無料銘柄相談も忘れずに。免許を受けた投資助言代理業だからこそ売り買いの指示を的確にしてくれるはずです。

>>株トレード投資顧問への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ