個別銘柄情報(12/17分)

西武HD(9024)、SMBC日興は投資評価を引き上げ
2476円 48円高
SMBC日興証券は、同社の投資評価を従来に「2」から「1」に引き上げ、目標株価3200円は据え置いた。インバウンド需要拡大などを背景とするホテルRevPAR(客室稼働率×平均販売室料)上昇を主因に利益が順調に拡大しており16/3~18/3期までの業績予想を上方修正したという。一方、残余利益モデル割引率の引き上げにより目標株価は据え置いたが、現状株価からの上昇余地は30%と大きいそうだ。

横河電(6841)、SMBC日興は目標株価を引き上げ
1423円 7円高
SMBC日興証券は、同社の投資評価は「2」に据え置いたが、目標株価を従来の1330円から1420円に引き上げた。16/3期上期決算等を踏まえ、16/3期下期以降の予想を見直したという。16/3期3Qは売上高985億円(前年同期比2%増)、営業利益75億円(20%増)、当期純利益55億円(5%増)を想定。円安効果もあり上期と同様に堅調な状況が継続すると見たそうだ。

アズビル(6845)、SMBC日興は目標株価を引き下げ
3080円 30円高
SMBC日興証券は、同社の投資評価は「2」に据え置いたが、目標株価を従来の3070円から2850円に引き下げた。16/3期通期は、売上高2560億円(前期比1%増)、営業利益170億円(11%増)、純利益95億円(33%増)で会社計画線を想定したという。今下期の状況としては、プロセスオートメーションを中心に制御分野にはリスクが残るものの、ビル分野の事業環境は基本的には堅調であり、またライフオートメーション事業では、構造改革効果で連結子会社アズビルテルスターの改善が見込まれることから、会社計画の達成は可能と判断したそうだ。

住友鉱(5713)、CSは投資評価を引き上げ
1431.5円 68円高
クレディ・スイス証券は、同社の投資評価を従来の「Neutral」から「OUTPERFORM」に引き上げ、目標株価を同1400円から1700円に引き上げた。ニッケル市況の大幅下落により、多くの鉱山や製錬業者でコスト割れとなっており、LME在庫も減少し始めたという。例年通り雨季による供給減により、ニッケル市況が上昇する確度が増していると考えたそうだ。また、16年2月には同社の次期中期計画の発表が予定されており、株主還元強化策などが織り込まれれば、株価上昇のカタリストになりうると考えたという。

日新製鋼HD(5413)、MSは投資判断を引き下げ
1259円 37円安
モルガン・スタンレーMUFG証券は、同社の投資判断を従来の「Equal-weight」から「Underweight」に引き下げ、目標株価を同1250円から1160円に引き下げた。現株価の妥当株価水準との乖離の相対感、ニッケル価格下落影響も含め、アジアでのステンレス事業の環境悪化リスクを考慮し、投資判断を引き下げたという。なお、同社の収益水準が低位にあるため、エネルギーコスト、ニッケル市況、為替など、前提次第で業績予想が大きくぶれてしまうため、収益コンセンサス自体のブレも大きいと予想されるそうだ。

エフアンドエム(4771)、岩井コスモは「A」でカバレッジを開始
738円 43円高
岩井コスモ証券は、同社について、新規に投資判断を「A」、目標株価を800円でカバレッジを開始した。白色申告における記帳義務化対象の拡大が追い風だという。今期の営業利益は10年振りの過去最高益更新の可能性があるそうだ。また、ターゲットとなる潜在顧客の数は膨大で、新規開拓と事業領域拡大による成長が期待できるとも。

エフ・シー・シー(7296)、MUMSSはレーティングを引き上げ
2734円 74円高
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティングを従来の「Neutral」から「Overweight」に引き上げ、目標株価を同1900円から3200円に引き上げた。エクイティストーリーを変更し、系列外拡販のMUMSS従来予想を上回る展開と10ATなど多段化の進展による成長シナリオへ切り替えたという。株価は上昇中だが、新規受注や製品ミックスの改善効果は、株価にまだ十分織り込まれていないと考えたそうだ。

中国電(9504)、MUMSSはレーティングを引き上げ
1581円 70円高
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティングを従来の「Neutral」から「Overweight」に引き上げ、目標株価は同1900円から1750円に引き下げた。カバレッジセクター内で同社の今後の株価パフォーマンスが相対的に上位になると考えたことから、レーティングを引き上げたという。一方、16/3期MUMSS予想の経常利益を会社計画並みに下方修正し、17/3期と18/3期のMUMSS予想の経常利益は据え置いたそうだ。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

最強!!株トレード投資顧問

株トレ

短期取り組み銘柄に強く、旬のテーマ株情報もいち早く配信している投資顧問です。登録後すぐに株トレード投資顧問一押しの3銘柄を無料で見ることができるとのこと。まずはその銘柄の動きを見て力を確かめてみるといいでしょう。無料銘柄相談も忘れずに。免許を受けた投資助言代理業だからこそ売り買いの指示を的確にしてくれるはずです。

>>株トレード投資顧問への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ