本日の急落は正直意外でしたし、その幅も想定を超えました

後場の急落時に、レバレッジETFを、引け成りで買い向かうことも、一瞬頭を過ぎりました。しかし、既にレバレッジ1倍程度ですし、ここは無理をせずやり過ごすことにしました。確かに、日経平均に関しては、先週末時点で、1月28日~2月3日に向けて16000円割れを想定はしていました。ですが、メインの想定は、いったんリバウンドをみた後、最大でその水準に達するというものでしたので、本日の急落は正直意外でしたし、その幅も想定を超えました。本日の値動きが、自分の想定と、大幅に違う動きになったため、シナリオを練り直す必要があると考え、様子見を貫きました。

 

なお、本日の日経平均に関しては、「黒田バズーカ第2弾」が発射された、2014年10月31日の16413.76円以来およそ1年3カ月ぶり安値に沈みました。調整は値幅的には十分との認識です。また、本日、後場後半の個別銘柄のブン投げられ方は、まさに大底圏特有の動きでした。その意味では、昨年12月から執拗に続いている下落も最終局面に入っており、日経平均の下落余地は限定的とみています。

 

今後、日米欧の中央銀行の会合が相次ぎます。21日にECBの定例理事会、26~27日にFOMC、28~29日に日銀の金融政策決定会合があります。これら一連の会合で、市場フレンドリーな対応がなされるようなら、投資家がリスクオンになる可能性があるので、注目しておきたいと思います。

 

 

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ