15日の日経平均は前日比60.58円高の15,919.58円

15日の日経平均は前日比60.58円高の15,919.58円、高値は15,997.30円、安値は15,752.01円。東証1部の出来高は19億3842万株、売買代金は1兆9253億円、値上がり銘柄数1032銘柄、値下がり銘柄数は767銘柄、変わらず159銘柄。日経平均は5日ぶり反発。

前場の日経平均は5日ぶり反発。英国の欧州連合(EU)離脱懸念で下落した欧米市場の流れを引き継ぎ朝方から売りが先行したものの、売り一巡後は連日の大幅安の反動から買い戻しが入りその後プラス転換から上げ幅を拡大した。FOMCや日銀金融政策決定会合の結果を控え一旦のショートカバーが入ったと思われる。

後場の日経平均は1万5900円台でのもみ合い。後場の寄り付きは前場高値水準から始まったものの、FOMCや日銀金融政策決定会合の結果を控え上値は重く1万5950円付近でのもみ合いに終始。英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票の結果が出るまでは積極的な買いは入りにくいとの見方が強いようだ。

東証33業種では、保険業、輸送用機器、電気機器、その他金融業、ガラス土石製品が値上がりした。一方、、電気・ガス業、建設業、石油石炭製品、卸売業、金属製品が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはサクセスホールディングス(6065)、2位はランド(8918)、3位はジェイコムホールディングス(2462)。一方、値下がり率トップはピエトロ(2818)、2位は関西電力(9503)、3位はヤマダ・エスバイエルホーム(1919)

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ