17日の日経平均は前日比218.07円安の15,836.36円

17日の日経平均は前日比218.07円安の15,836.36円、高値は16,214.46円、安値は15,632.12円。東証1部の出来高は28億4008万株、売買代金は3兆1136億円、値上がり銘柄数は729銘柄、値下がり銘柄数は1087銘柄、変わらずは120銘柄。日経平均は大幅反落。

前場の日経平均は小反落。寄り付きは為替相場のドル安・円高が重しとなり売りが先行した。一巡後は前日の米株高を下支えとしプラス転換し、為替相場も円安に傾いたことなどから上げ幅を拡大。一時前日比160円03銭高の1万6214円46銭まで上昇する場面があった。ただ、その後は相場が上昇すると一転して売り優勢再びマイナス転換。方向感定まらず一進一退の展開となっている。

後場の日経平均は一段安。後場開始直後から先物主導の仕掛け的な売りから下値模索の展開となり、午後13時47分には、本日の安値となる1万5632円12銭(前日比422円31銭安)まで下落した。終盤かけては買い戻しは入ったものの、戻りは限定的となった。

東証33業種では、情報・通信業、海運業、空運業、電気機器、ガラス土石製品が値上がりした。一方、鉱業、石油石炭製品、医薬品、保険業、パルプ・紙が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはキムラタン(8107)、2位は群栄化学工業(4229)、3位は石川製作所(6208)。一方、値下がり率トップは日本アジア投資 (8518)、2位はダイキョーニシカワ(4246)、3位はランド(8918)。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ