17日の日経平均は前日比38.07円安の16,936.38円

17日の日経平均は前日比38.07円安の16,936.38円、高値は17,253.03円、安値は16,814.84円。東証1部の出来高は22億729万株、売買代金は2兆2618億円、値上がり銘柄数872銘柄、値下がり銘柄数は915銘柄、変わらず157銘柄。日経平均は3日続落。

前場の日経平均は大幅反発。注目の集まったFOMC では、政策金利の据え置きを決定、追加利上げペースは緩やかとの見通しが示されたことを好感され米株が上昇。この流れを受け日経平均も買い先行からのスタート。その後も上げ幅を拡大させ、午前10時21分には一時1万7253円03銭(前日比278円58銭高)まで上昇。幅広い銘柄が買われ高値圏でのもみ合いとなっているが、既に今週の連休を意識されてか売買代金は1兆円割り込み低調。

後場の日経平均はマイナス転換。前場はFOMCの結果発表を受け上昇した米市場を背景に買い先行、高値圏でのもみ合いとなったが後場入ってからこれが一転。為替相の円高・ドル安が急速に進み前場の上昇分を帳消し、マイナス転換。一時は1万6814円84銭(前日比159円61銭安)まで売られる場面があった。その後終盤にかけてはやや買い戻しが入るも戻りは限定的。

東証33業種では、鉱業、建設業、石油石炭製品、銀行業、卸売業が値上がりした。一方、電気・ガス業、空運業、その他製品、水産・農林業、食料品が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはマネーパートナーズグループ(8732)、2位は宮越ホールディングス(6620)、3位はリョービ(5851)。一方、値下がり率トップはベクトル(6058)、2位はテクマトリックス(3762)、3位はgumi(3903)。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ