18日の日経平均は前日比211.57円安の16,724.81円

18日の日経平均は前日比211.57円安の16,936.38円、高値は16,790.00円、安値は16,430.00円。東証1部の出来高は22億9580万株、売買代金は2兆4504億円、値上がり銘柄数555銘柄、値下がり銘柄数は1283銘柄、変わらず108銘柄。日経平均は4日続落。

前場の日経平均は4日続落。前日の欧米株は上昇したものの、為替相場の円高を嫌気され朝方から利益確定売りが先行。週末要因、3連休を控えることも重しとなってか、その後も下げ幅を広げ一時は1万6613円69銭(前日比322円69銭安)まで下落。その後は後場からの日銀によるETF買いなどを意識されたか終盤にかけ下げ幅を縮小させた。

後場の日経平均は安値圏でのもみ合い。後場寄り直後から売り優勢で始まるとその後も軟調に推移、終盤にかけては売りが一巡やや下げ幅を縮小する動きとなったが円高懸念のほか、週末要因、3連休を控えてることもあり戻りは限定的となった。

東証33業種では、鉱業、 石油石炭製品、パルプ・紙、建設業、非鉄金属が値上がりした。一方、保険業、輸送用機器、医薬品、精密機器、ゴム製品が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはワイエイシイ(6298)、2位はJUKI(6440)、3位はenish(3667)。一方、値下がり率トップはキムラタン(8107)、2位はマネーパートナーズグループ(8732)、3位は日本トランスシティ(9310)。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

ジャパン・ストック・トレード

js

『Yahoo!ファイナンス』で注目度急上昇中「橋本明男氏」「堀篤氏」2名の専属アナリストが“勝ち”にこだわるアツい情報を毎日配信中。『わしの罫線』で東証1部銘柄の売り買いをビシっと推奨する橋本氏、野村證券時代のノウハウを活かした証券マンならではの視点で厳選銘柄を選び抜く堀氏、両氏の銘柄をいち早く入手したければこちらの投資顧問へ今すぐ無料会員登録を。

>>JSTへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ