21日の日経平均は前日比457.08円高の17,363.62円

21日の日経平均は前日比457.08円高の17,363.62円、高値は17,381.70円、安値は17,144.53円。東証1部の出来高は22億8362万株、売買代金は2兆4742億円、値上がり銘柄数1753銘柄、値下がり銘柄数は149銘柄、変わらず50銘柄。日経平均は3日続伸。

前場の日経平均は3日続伸。前日の欧米株式の上昇、円安の進行などを背景に買い先行し、幅広銘柄に買いが入った。買い一巡後は戻り待ち売りなどに押され上げ幅を縮小するも前場終盤にかけ強含み、ほぼ本日高値圏での推移となった。

後場の日経平均は一段高。上海総合指数の上昇のほか、海外勢の買い観測などから上げ幅を拡大。午後12時57分には本日の高値となる1万7381円70銭(前日比475円16銭高)1万7300円台を回復し、約2カ月半ぶりの高値水準を付けた。今晩には、欧州中央銀行(ECB)理事会を控えてはいるものの、外部環境の改善から買い安心感から終日堅調な推移となった。

東証33業種では、全33業種全てが上昇し、鉱業、不動産業、海運業、非鉄金属、証券商品先物が値上がり率上位となった。個別では、東証1部の値上がり率トップは日本エム・ディ・エム(7600)、2位はテクノスジャパン(3666)、3位は竹内製作所(6432)。一方、値下がり率トップは三菱自動車工業(7211)、2位は明電舎(6508)、3位はエンプラス(6961)。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ