5日の日経平均は前日比76.98円安の18,374円

5日の日経平均は前日比76.98円安の18,374円、高値は18,547.38円、安値は18,327.52円。東証1部の出来高は19億2364万株、売買代金は2兆2013億円、値上がり銘柄数は796銘柄、値下がり銘柄数は1009銘柄、変わらずは130銘柄。日経平均は続落。

前場の日経平均は反発。前日の中国市場の急落や中東情勢の緊迫化を受けて前日の欧米市場は下落。東京市場も引き続きリスク回避の動きが強まり売り先行のスタートとなった。ただ、一巡は前日の大きさ下げたことからの反動、本日の中国市場の下げ渋りを受けて、徐々に買い戻しの動となりプラス圏に浮上。節目の18500円台を回復し前場の取引を終えた。

後場の日経平均は再びマイナス転換。前場プラス転換した流れを継続し、後場寄りから買い優勢の展開となるも中国市場の先行き不安や中東情勢の緊迫化などが重しとなり買いは続かず。中国市場が後場の取引開始から再び下げに転じたことをきっかけに日経平均も再度マイナス転換。引けにかけて弱含む展開となった。

東証33業種では、情報・通信業、電気・ガス業、陸運業、ガラス土石製品、金属製品が値上がりした。一方、水産・農林業、保険業、輸送用機器、食料品、医薬品が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはさくらインターネット(3778)、2位はアドヴアン(7463)、3位はコア(2359)。一方、値下がり率トップはヒト・コミュニケーションズ(3654)、2位はチヨダ(8185)、3位は日本水産(1332)。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

勝ち株ナビ

勝ち株ナビ

プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析、データ・メソッドをフル活用した解析プログラム、社会情勢判断を踏まえた高度な分析、海外市場動向も随時チェックしあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

>>勝ち株ナビへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ