8日の日経平均は先週末比184.71円高の17,004.3円

8日の日経平均は先週末比184.71円高の17,004.3円、高値は17,099.01円、安値は16,552.30円。東証1部の出来高は27億3803万株、売買代金は2兆5991億円、値上がり銘柄数は1464銘柄、値下がり銘柄数は407銘柄、変わらずは65銘柄。日経平均は5日営業日ぶり反発。

前場の日経平均は5日続落。先週末の1月雇用統計を受け、邦準備理事会(FRB)の追加利上げ観測が再燃し欧米株安。また、北朝鮮のミサイル発射問題を受けての地政学的リスクの高まりを警戒した動きもあり朝方から売りが先行。寄り付き直後に一時267円安を付ける場面もあったが、1ドル=116円台だった為替相場が、117円台前半まで円安方向に振れたことをきっかけに押し目買い、買い戻しが入り急速に下げ幅を縮小。その後プラス圏に浮上し、一時1万6850円(先週末比31円高)まで上昇する場面もあった。

後場の日経平均は再びプラス転換。ドル・円の上昇を支えに先物主導で買い優勢となり、主力株中心に買い直され日経平均は1万7000円台を回復。午後2時30分には、本日の高値となる1万70999円01銭(前週末比279円42銭高)まで上昇。引けにかけやや売り物に押されるも節目の1万7000円台は維持した。

東証33業種では、パルプ・紙、建設業、情報・通信業、海運業、化学が値上がりした。一方、ガラス土石製品、非鉄金属、証券商品先物、石油石炭製品、精密機器が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップはクックパッド(2193)、2位はさくらインターネット(3778)、3位は六甲バター(5015)。一方、値下がり率トップはレオン自動機(6272)、2位はDOWAホールディングス(5714)、3位は日本電子材料(6855)。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ