8日の日経平均は前日比169.26円安の15,106.98円

8日の日経平均は前日比169.26円安の15,106.98円、高値は15,399.70円、安値は15,106.52円。東証1部の出来高は18億4524万株、売買代金は2兆588億円、値上がり銘柄数199銘柄、値下がり銘柄数は1690銘柄、変わらず78銘柄。日経平均は4日続落。

前場の日経平均は4日続落。前日の米国市場はまちまちと6月ADP雇用統計が市場予想を上回ったことを好感される一方で原油安などが重しとなった。日経平均ミニ先物・オプション7月限のSQ(特別清算指数)算出に絡んでやや買い越しとなり、また、直近3日続落の反動から自律反発の買いが先行。午前9時27分に1万5399円70銭(前日比123円46銭高)を付ける場面があったが、その後は急速に上げ幅を縮小しマイナス転換。本日の安値圏で前引けを迎えた。なお、7月限オプションSQ値(概算)は15331.34円。

後場の日経平均は一段安。週末要因のほか、柄円高警戒や今晩の米雇用統計発表を前に手控えムードが強まりジリ安の展開。午後14時に発表された6月の景気ウオッチャー調査の現状・先行き判断指数の悪化なども重しとなり、引けにかけて下げ幅を広げた。

東証33業種では、値上がりは、その他製品の1業種のみ。一方、不動産業、ガラス土石製品、電気・ガス業、小売業、情報・通信業が値下がりした。個別では、東証1部の値上がり率トップは任天堂(7974)、2位はラウンドワン(4680)、3位はディップ(2379)。一方、値下がり率トップはソフトブレーン(4779)、2位はKLab(3656)、3位はシュッピン(3179)

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ