上海株下げ渋りはポジティブですが・・・

心配された5日の上海総合指数は3日続落したものの、前日比8.5477ポイント安の3287.7105ポイントと、その下げは限定的でした。中国証券監督管理委員会が朝方、大株主による保有株の売却について規制を導入することを発表したことや、中国人民銀行(中央銀行)が短期金融市場で、約3カ月ぶりの規模の資金供給を実施したことが買い材料になりました。また、政府系ファンドの「国家隊」が主力株を買い支えたとの観測もあったようです。まあ、いずれにせよ4日の世界の株式市場の急落の震源地の上海が下げ渋ったことは、世界の株式市場にとってポジティブです。

ただし、ドル/円相場が現在1ドル=119円15銭付近で推移しています。日銀短観(12月調査)では、事業計画の前提となっている想定為替レート(大企業・製造業)は、2015年度は1ドル=119円40銭(上期は120円84銭、下期は118円00銭)です。つまり、今後のドル/円レートに関しては、1ドル=119円40銭が、日本株の強気・弱気の分水嶺として、意識される見通しです。これより円安なら強気、円高なら弱気になるというイメージです。

現在は119円40銭を下回って、ドル安・円高のため、ナイトセッションの日経平均先物3月物は18時8分現在18330円と、冴えない動きを続けています。今後、日経平均先物が上昇するためには、1ドル=119円40銭を大幅に上回るドル高・円安になるか、それとも、円高を打ち消すだけの好材料の出現が必要になるでしょう。それまでは、日経平均の調整は続く見通しです。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ