仮需(裁定買い残・信用買い残)分析

25日時点の裁定買い残高(期近・期先合計)は2週ぶりに減少し、前週比2526億円減の3兆159億円と、11月6日時点の2兆6916億円以来約1カ月半ぶりの低水準でした。減少幅は9月18~25日時点の2814億円以来の大きさでしたが、減ったとはいえ、依然として3兆円を上回っています。一方、25日時点の信用取引の買い残高(東京・名古屋2市場、制度信用と一般信用の合計)は2週連続で減少しました。信用買い残は前週末比458億円減の3兆2005億円でした。25日は受渡ベースの年内最終売買日で、期日到来に伴う決済売りや、節税目的での損出し売りが出た結果でしょう。なお、信用評価損益率はマイナス11.47%と、前週のマイナス10.27%から1.20ポイント悪化しました。悪化は3週間連続でです。

 

裁定買い残、及び信用買い残が減ったことは需給面のポジティブ材料です。しかし、裁定買い残の水準が依然として高水準であること、信用評価損益率が悪化傾向を辿り、マイナスの絶対値が10%超の状況であることを考慮すると、今後起こりうるメインシナリオは、「裁定買いポジションの更なる解消売り、信用買い方の追証発生または追証回避に伴う売り」の発生です。なお、このシナリオが実現するのは、日経平均が5日移動平均線(30日現在18889.60円)を下回ってからです。同線を上回っている間は、裁定解消売りも、信用買い方のポジション調整の売りも、どちらも出難いでしょうから。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「弾丸トレード」!即日急騰期待の銘柄をその日の寄り付き前にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。寄り付きで買って急騰タイミングで利益を確定、デイトレーダー向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ