連休中の外部環境の総括と、本日の相場見通し

シカゴ日経平均先物3月物(円建て)は17390円大証比300円安でした。11日のNYダウは4日ぶりに反発、前週末比52.12ドル高の16398.57ドルでした。11日の上海総合指数が大幅下落し、NY原油先物相場も大幅に6日続落しましたが、自律反発を狙った買いや、売り方の買い戻しがダウを押し上げました。一方、ナスダック総合株価指数は年末年始を挟んで8営業日続落、同5.642ポイント安の4637.989ポイントでした。

 

11日の上海総合指数は、前週末終値比5.33%安の3016.70ポイントと、昨年9月以来、約4か月ぶりの安値で取引を終えました。一方、中国人民銀行(中央銀行)は11日朝、対ドル取引の一日の目安となる基準値を、前週末比0.02%元高ドル安に設定しました。元高設定は2営業日連続です。

 

11日のNY原油先物相場は大幅に6日続落、WTI期近の2月物は前週末比1.75ドル安の1バレル31.41ドルでした。一時30.88ドルと03年12月上旬以来、約12年ぶりの安値を付けました。バンクオブアメリカ・メリルリンチなど複数の大手金融機関が16年の原油価格の見通しを引き下げということです。

 

11日午前のアジア市場で、ドル/円相場は一時1ドル=116円663銭を付ける場面がありました。しかしその水準では、個人中心に短期スタンスのドル買いが観測され、ドルは117円台へ反転しました。そして、現在1ドル=117円71銭付近で推移しています。

 

11日のNYダウが反発したことや、ドル/円相場が安値から戻したこと、中国人民銀行が2営業日連続で元高設定にしことはポジティブですが、原油安に歯止めが掛からず、上海株が依然として不安定なため、日本が連休中の外部環境は、やはり、良くなかったと言えます。

 

このため本日の日経平均は6日続落スタートが見込まれます。想定レンジは11日のシカゴ先物の取引レンジの17105円~17555円です。8日現在の東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)は62.90%で、売られ過ぎを示唆しています。このため、さすがに本日は自律反発狙いの買いや、売り方の利益確定の買い戻しが入る見通しです。しかしながら、本日、日経平均が大幅に反発するためには、少なくとも、1ドル=118円台への円安や、上海総合指数の大幅反発が必要でしょう。そうでない限り、前週末比プラスに転じるのは容易ではなさそうです。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

勝ち株ナビ

勝ち株ナビ

プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析、データ・メソッドをフル活用した解析プログラム、社会情勢判断を踏まえた高度な分析、海外市場動向も随時チェックしあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

>>勝ち株ナビへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ