1日の海外動向と本日の相場見通し 日経平均が25DMAを超えて終われるかに注目

1日のシカゴ日経平均先物3月限(円建て)は16515円大証比415円高でした。好調な経済指標と原油高で、NYダウは3日ぶりに大幅反発、前日比348.58ドル高の16865.08ドルでした。2月のISM製造業景況感指数が49.5と、市場予想の48.5を上回り、項目別では新規受注が51.5と、1月から変わらずで、これは昨年8月以来の高い水準でした。また、雇用指数は48.5で、前月の45.9を上回りました。一方、民間、公共部門がともに伸び、1月の米建設支出は前月比0.4%増の市場予想に対して、同1.5%増と金額ベースで07年10月以来8年3カ月ぶりの高水準でした。NY原油先物相場は続伸、WTI期近の4月物は前日比0.65ドル高の1バレル34.40ドルでした。一時34.76ドルまで上昇しました。ロシアのノバク・エネルギー相が、「大多数の産油国が増産凍結で合意」、「産油国は原油の供給を安定させる方法で今月中に合意する」と話した、と伝わったことが買い材料になったそうです。ドル/円相場は1ドル=113円90銭/113円93銭でした。

 

円安、原油先物高、米国株高を受け、本日の日経平均は大幅続伸スタートが見込まれますが、終値ベースで25日移動平均線(1日現在16458.29円)を上回れるかが注目です。同線は、昨年12月1日の20012.40円を頂点にした下落トレンドを継続する過程で、強力な抵抗として機能し続けています。これを安定的に上回り、且つ、同線自体が上向きに転じることができるようなら、売り方の買い戻しのみならず、腰の入った中長期スタンスの買いも期待できるからです。本日の日経平均の想定レンジは、日足ベースの一目均衡表の基準線(1日現在16385.57円)~16744.24円(2月1日の17905.37円から12日の14855.77円までの下落幅に対する61.8%戻し)です。逆に、25日移動平均線や、基準線を下回って終わるようだと、引き続き、25日移動平均線を戻りめどにした「調整相場」が継続する見通しです。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

勝ち株ナビ

勝ち株ナビ

プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析、データ・メソッドをフル活用した解析プログラム、社会情勢判断を踏まえた高度な分析、海外市場動向も随時チェックしあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

>>勝ち株ナビへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ