6日の海外動向と本日の相場見通し 円高がネガティブに作用、八百長相場で薄商いは継続

7日の大証ナイトセッションの日経平均先物9月物は前日比140円安の16940円でした。3連休明け6日のNYダウは3日続伸、前週末比46.16ドルの18538.12ドルでした。原油先物相場の上昇が相場の押し上げ要因になりました。NY原油先物相場が続伸、WTI期近の10月物は2日終値比0.39ドル高の1バレル44.83ドルでした。NY円相場は、1ドル=101円95銭~102円05銭の2円円高・ドル安でした。8月のISM非製造業景況感指数が51.4と前月の55.5から大幅に低下し、市場予想の55前後を大幅に下回り6年半ぶりの低水準に低下したことに加え、FRBによる8月の労働市場情勢指数(LMCI)がマイナスに転じたため、早期利上げ観測が後退し、ドルが売られました。

 

昨日、浜田内閣官房参与の「日銀はFOMC決定前の追加緩和は控えるべきだ。」とのコメントが伝わったうえ、6日発表の米経済指標が冴えず、円相場が円高に振れています。これは本日の日経平均にネガティブに作用する見通しです。想定レンジは16800円~17000円程度です。ただし、下値は日銀のETF買い入れ期待が支えるでしょう。

 

ところで、本日、足元の個人投資家の売買低調が報じられています。「日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信」の売買代金が6日、今年3番目の少なさだったことや、2日時点の信用買い残高が1カ月半ぶりの低水準であることを具体例に挙げています。これに関しては、今は仕方ないと思います。なんたって、今の日本株は「日銀の日銀による日銀のための金融調節手段」ですから。よく言えば、「官製相場」、悪く言えば、「お上による八百長」です。買い方が負けそうになると、お上が加勢して売り方をやっつけます。売り方すれば、本来なら下がるべき価格に下がらず、むしろ、日銀の買いで上がっちゃうこともあるんですから、バカバカしくて参加する気にならないでしょう。その結果、空売りは減り、商いが低迷することは当然の帰結だと思います。

 

ざっくり言えば、今の日経平均には「日銀プレミアムが1500円程度」あるとみています。つまり、実際の日経平均は17000円ですが、もし、日銀の年6兆円のETF買いがなければ15500円になっているイメージです。このプレミアムがついているうちは、薄商いは続き、先高観が強まることはないとみています。逆に、円安になったり、他の条件が改善し、日経平均の日銀プレミアムが縮小すれば、商いが膨らみ、先高観が強まるでしょう。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

イー・キャピタル株式会社

イーキャピタル

創立15年となる投資顧問会社、イーキャピタルが新たな銘柄情報配信サービスを開始。その名も「弾丸トレード」!即日急騰期待の銘柄をその日の寄り付き前にメールで送ってくれるという個人投資家待望のサービスとなります。寄り付きで買って急騰タイミングで利益を確定、デイトレーダー向きかと思います。リピーター続出の銘柄配信サービス、まずは無料登録でお試しください。

>>イー・キャピタルへの無料登録はコチラ<<

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ