GSはVRおよびARは次のコンピューティング・プラットフォームの主流となる可能性を秘めていると指摘

ゴールドマン・サックス(GS)は、16年1月26日付けの「EQUITY RESEARCH」で、バーチャル・リアリティ(VR)およびオーグメンテッド・リアリティ(AR)は次のコンピューティング・プラットフォームの主流となる可能性を秘めていると指摘しているそうです。また、PCやスマートフォンと同様、新技術の普及に伴い新たな市場が誕生する一方、大きな変動に晒される市場もあるとも。

 

当該レポートでは、VR/ARの利用目的としてゲーム、ライブイベント、ビデオ、ヘルスケア、不動産、小売、教育、エンジニアリング、防衛の9項目を想定し、GSは当面これらが最も有力な牽引役になるとみているもようです。

 

その中で、ソニー(6758)<買い・コンビクション>に関しては、数十年にわたる研究が生み出したPlayStation VR(PSVR)は、(1)親機のインストールベースが大きい、(2)内製とサードパーティのコンテンツを提供、(3)開発環境の整備、の3点から強気だそうです。GSはハードコアゲーマーがイマーシブなゲーム環境を楽しむためのデバイスとしてPSVRが徐々に普及するとみていると指摘しているようです。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

勝ち株ナビ

勝ち株ナビ

プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析、データ・メソッドをフル活用した解析プログラム、社会情勢判断を踏まえた高度な分析、海外市場動向も随時チェックしあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

>>勝ち株ナビへの無料登録はコチラ<<

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ