13日の海外動向と本日の相場見通し 米国発の世界同時株安発生確率が高まったと警戒

13日のシカゴ日経平均先物9月物は15920円大証比50円安でした。NYダウは、英国の欧州連合(EU)離脱懸念の高まりが嫌気され、3日続落、前週末比132.86ドル安の17732.48ドルでした。NY原油先物相場は、3日続落、WTI期近の7月物は前週末比0.19ドル安の1バレル=48.88ドルでした。NY円相場は1ドル=106円20~30銭の70銭円高・ドル安でした。

 

米株、原油先物安はネガティブですが、円高が一段と進行しているわけではないため、本日の日経平均は下げ渋りが見込まれます。日経平均は昨日まで3日間で終値でベースで811.74円下落しており、売り方の買い戻しや、押し目買いが入るでしょう。ただし、英国のEU離脱懸念が燻り、多くの投資家がリスクオフ姿勢を継続するでしょうから、上値は重く、且つ、東証1部は薄商いが見込まれます。チャート的には、本日以降、5月2日の15975.47円付近で下げ止まれば綺麗ですが、割り込むようだと、4月8日の15471.80円あたりまでの下落は覚悟しておく必要がありそうです。一方、上値は5日移動平均線(13日現在16559.06円)が当面のメドです。以上のことから、本日の日経平均のレンジは、16000円±200円程度を想定しています。

 

なお、13日の米VIX指数は前日比3.94(23.14%)高の20.97でした。これをみる限り、米株式市場がボラタイルな相場に突入し、米国発の世界同時株安発生確率が高まったと警戒しています。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ