15日の海外動向と本日の相場見通し お盆休み中の夏枯れ相場が継続する見通し

16日の大阪ナイトセッション日経平均先物9月物は前日比変わらずの16870円でした。15日のNYダウは反発し、前週末比59.58ドル高の18636.05ドルと、2営業日ぶりに過去最高値を更新しました。NY原油先物相場は3日続伸、WTI期近の9月物は前週末比1.25ドル高の1バレル45.74ドルでした。ロシアのノバク・エネルギー相がアラブ紙アッシャルク・アルアウサトに対し「サウジとの対話には具体的な進展がみられる」と話したことが買い材料になったようです。NY円相場は続伸、前週末比5銭円高・ドル安の1ドル=101円20~30銭でした。

 

米株高、原油先物高はポジティブですが、ドル/円相場が円高水準で高止まりしています。このため、日経平均の上値は重そうです。昨日の東証市場全体(東証1部・2部、新興市場の現物株)の売買代金は、お盆休み中ということもあり、1兆6873億円と、2014年12月26日以来、約1年8カ月ぶりの低水準に落ち込みました。主力の3月決算企業の第1四半期決算発表が一巡し手掛かり材料が不足していることも影響しています。このため、本日は昨日同様に、日銀のETF買いの有無をへの思惑売買が中心になりそうです。前場TOPIXが売られるようなら、後場はETF買いへの期待から日経平均も上がる。しかし、そうでないなら、先回り買いした向きの売りが後場出て、日経平均は下がるという具合です。余程の材料が飛び出さない限り、日経平均は膠着しそうです。想定レンジは5日移動平均線(15日現在16788.02円)±150円程度です。お盆休み中の夏枯れ相場が継続する見通しです。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

新生ジャパン投資

新生ジャパン投資

ラジオ日経でもお馴染み、高山緑星こと前池英樹氏が代表を努めるのがこの新生ジャパン投資となります。以前より様々なメディアで株式情報の発信を行ってきており、前池氏の情報精度の高さを知る人は多いのではないでしょうか。20年以上に渡り株式投資の世界にどっぷりと浸かり、大化け銘柄を輩出してきた実力者。兜町直通の情報を受けとれます。

>>新生ジャパン投資への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ