22日の海外動向と本日の相場見通し 円安を受け堅調な相場をイメージ

22日のシカゴ日経平均先物6月物は16925円大証比15円高でした。朝方はベルギーのブリュッセルで発生した爆破テロを受け、一時16670円を付けましたが、為替市場での円安進行が好感され、逆に一時16975円まで買われました。NYダウは8日ぶりに反落し、前日比41.30ドル安の17582.57ドルでした。ベルギーでのテロを受けて、航空株など旅行関連が売られました。NY原油先物相場は小幅下落、WTI期近の5月物は前日比0.07ドル安の1バレル41.45ドルでした。NY円相場は3日続落、前日比45銭の円安・ドル高の1ドル=112円35~45銭でした。

 

ブリュッセルでの連続テロやダウの反落はネガティブですが、1ドル=112円台前半の円安はポジティブです。昨日の日経平均終値は17048.55円と、13週移動平均線(22日現在16923.87円)を超えています。同線を安定的に超えるようなら、買い戻し圧力が強まり、これまでの16500円~17300円のボックスからの上抜け期待が高まることでしょう。ボックス上抜けなら、まずは、最大で、26週移動平均線(同17980.44円)が目標になる見通しです。それもこれも、円相場が現状よりも、円安に振れることが必要とみています。逆に、下値は最大で25日移動平均線(同16538.36円)です。なお、本日に関しては、下値は昨日安値16851.21円がメド、上値は14日の17291.35円がメドです。円安を受け、堅調な相場をイメージしています。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

最強!!株トレード投資顧問

株トレ

短期取り組み銘柄に強く、旬のテーマ株情報もいち早く配信している投資顧問です。登録後すぐに株トレード投資顧問一押しの3銘柄を無料で見ることができるとのこと。まずはその銘柄の動きを見て力を確かめてみるといいでしょう。無料銘柄相談も忘れずに。免許を受けた投資助言代理業だからこそ売り買いの指示を的確にしてくれるはずです。

>>株トレード投資顧問への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ