27日の海外動向と本日の相場見通し 政策決定会合結果発表を控え、膠着感強い

28日の大阪ナイトセッションの日経平均先物9月物は27日通常取引清算値比120円安の16590円でした。27日のNYダウは3日続落し、前日比1.58ドル安の18472.17ドルでした。NY原油先物相場は続落、WTI期近の9月物は前日比1.0ドル安の1バレル41.92ドルでした。週間の石油在庫統計で、原油在庫が市場予想に反して増え、ガソリン在庫の増加基調が続いたことが嫌気されました。NY円相場は、1ドル=105円35~45銭 75銭円安・ドル高でした。

 

FRBは27日まで開いたFOMCで、金融政策の現状維持を決め、短期的なリスクは弱まった」などとし、今後の利上げの可能性をにじませたものの、追加利上げの時期について明確な見通しを示しませんでした。これは米株にポジティブですが、ドル/円相場には円安になり難いという点でネガティブです。

 

このような状況下、日銀は28~29日にかけて開催する金融政策決定会合で、なんらかの追加金融緩和を実施するとみられています。具体的には、マイナス金利の深掘り、年80兆円の国債買い入れ枠の増加、ETF購入枠を現在の2倍の年6兆円への増加などが予想されています。

 

なお、安倍首相は27日、来月2日に閣議決定する経済対策の事業規模を28兆円超にすると表明しました。ただし、真水(実際の国と地方の直接支出)は6兆円超です。見掛け上の事業規模は大きいですが、真水の額は期待外れです。それでも、厳しい財政事情を考慮すれば、頑張って膨らましたという感じです。これはこれで、相場を押し上げる材料ではないですが、下支えする材料にはなるでしょう。

 

本日の日経平均に関しては、米株に方向感がなく、ドル/円のトレンドが若干円高気味のため、上値は重そうです。反落スタート見込まれます。ただし、政策期待も燻り続けるため、下値も堅そうです。結果、膠着感の強い相場が続くでしょう。想定レンジは16650円±150円です。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

トリプルエー投資顧問

トリプルエー投資顧問

提供銘柄の企業をとことん調べ尽くし、株価上昇の材料をしっかりと伝えてくれる投資顧問です。テクニカル分析も行いますがそれ以上にファンダメンタルを重視した銘柄選定を行っており、短期だけでなく中長期で株価倍増を狙う銘柄も多数輩出しています。こちらも登録後に無料にてトリプルエー投資顧問厳選銘柄を見ることが可能となります。

>>トリプルエー投資顧問への無料登録はコチラ<<

常勝株ジャーナル

常勝株ジャーナル

無料で質の高い投資情報を配信中。当日の展望や市況情報は勿論のこと、個別銘柄の推奨も行っており、具体的購入価格、取り組み期間、売却価格やロスカットポイントもしっかりと指示してくれます。無料会員でも十分なサービスを受けられると話題。勿論、精度の高い有料コンテンツも充実しています。株式投資の玄人から始めたばかりの初心者まで幅広い層に人気の投資顧問です。

>>常勝株ジャーナルの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ