30日の海外動向と本日の相場見通し 指数膠着、投機マネーは小型株へは継続

30日のシカゴ日経平均先物6月物は16985円大証比45円高でした。安値は16850円、高値は17100円です。NYダウは4日続伸、前日比83.55ドル高の17716.66ドルと、昨年12月29日以来ほぼ3カ月ぶりの高値でした。イエレンFRB議長が29日の講演で利上げについて「慎重に進めるのが適切」などと述べたことで、緩和的な米金融政策が長引くとの思惑から買いが入りました。NY原油先物相場は小反発、WTI期近の5月物は前日比0.04ドル高の1バレル38.32ドルでした。週間の石油在庫統計でガソリンやヒーティングオイルの在庫が減ったことが買い材料になりました。NY円相場は続伸し、前日比25銭円高・ドル安の1ドル=112円40~50銭でした。

 

米株上昇、原油先物高という好材料と、1ドル=112円台の円高という悪材料の綱引きの中、若干、好材料が勝るのかというのが、本日のイメージです。想定レンジはシカゴ先物のレンジ16850円~17100円程度です。ところで、昨日のジャスダック市場の売買代金は概算で1457億円と、2014年12月8日以来、約1年4カ月ぶりの高水準に膨らみました。また、29日には、東証マザーズ指数は2015年7月22日以来、約8カ月ぶりに1000ポイント台を回復し、30日も大台を維持しています。本日も、日経平均が17000円アラウンドで膠着する一方、投機マネー流入継続を背景に、新興市場を中心に小型株が賑わう展開が予想されます。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

最強!!株トレード投資顧問

株トレ

短期取り組み銘柄に強く、旬のテーマ株情報もいち早く配信している投資顧問です。登録後すぐに株トレード投資顧問一押しの3銘柄を無料で見ることができるとのこと。まずはその銘柄の動きを見て力を確かめてみるといいでしょう。無料銘柄相談も忘れずに。免許を受けた投資助言代理業だからこそ売り買いの指示を的確にしてくれるはずです。

>>株トレード投資顧問への無料登録はコチラ<<

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ