30日の海外動向と本日の相場見通し 日経平均は円安で堅調も、膠着・閑散相場は継続

31日の大阪ナイトセッション日経平均先物9月物は前日比110円高の16850円でした。早期利上げ観測が強まり、30日のNYダウは反落、前日比48.69ドル安の18454.30ドルでした。フィッシャーFRB副議長がブルームバーグTVのインタビューで、国内労働市場は完全雇用に「極めて近い」状態と指摘、今後の金融政策について「経済データ次第」と述べました。副議長は9月の利上げの可能性も否定しなかったため、市場では年内に2回の追加利上げも意識されました。また、主要通貨に対しドル高が進んだため、原油先物価格が下落したことも株式相場を押し下げました。NY原油先物相場は続落、WTI期近の10月物は前日比0.63ドル安の1バレル46.35ドルでした。NY円相場は1ドル=102円90銭~103円00銭の1円円安・ドル高でした。

 

早期利上げへの警戒から、NYダウが軟調な一方、ドル高・円安が進んでいます。本日の日経平均は円安に対してポジティブに反応する見通しです。想定レンジは16850円±100円程度です。なお、日経平均は強いでしょうが、ザラ場中の膠着感は強く、且つ、閑散相場は継続しそうです。週末9月2日に8月の米雇用統計の発表を控え、多くの投資家は米国の追加利上げの動向を見極めたいため、積極的な売買を手控える可能性が高いからです。実際、30日の東証1部の売買代金は1兆6783億円と、連日で活況の目安となる2兆円を割り込んでいます。さらに酷いのは新興市場の流動性枯渇です。30日の東証マザーズ市場の売買代金は591億円と、活況の目安となる1000億円を10営業日連続で割り込みました。内外の機関投資家の動きが鈍いことに加え、それに輪をかけて個人投資家の動きが鈍っている様子が窺えます。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

株プロフェット

株プロフェット

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、Yahoo!株価予想や日刊ゲンダイ、オールアバウトなどにコラム執筆中の『相場の福の神:藤本誠之』氏が情報提供する投資顧問。証券業界、兜町、アナリスト界隈に影響力を持つ同氏直通の株式情報は必見の価値有り。他投資顧問よりも早く正確な有力情報を配信。まさにプロフェット(預言者)の如く急騰銘柄をズバっと推奨。

>>株プロフェットへの無料登録はコチラ<<

勝ち株ナビ

勝ち株ナビ

プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析、データ・メソッドをフル活用した解析プログラム、社会情勢判断を踏まえた高度な分析、海外市場動向も随時チェックしあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

>>勝ち株ナビへの無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ