6日の海外動向と本日の相場見通し 円安・原油高はプラスだが、雇用統計・4連騰・3連休前で上値は重い

7日の大阪ナイトセッションの日経平均先物12月物は前日比30円高の16930円、高値は7日00時51分の16950円、安値は6日19時07分の16830円でした。6日のNYダウは反落し、前日比12.53ドル安の18268.50ドルでした。19年1月期通期までの1株利益見通しが市場予想を大きく下回ったウォルマート・ストアーズと、証券会社による投資判断の引き下げが伝わったアメリカン・エキスプレスの2銘柄で、ダウを31.54ドル押し下げました。NY原油先物相場は続伸、WTI期近の11月物は前日比0.61ドル高の1バレル50.44ドルでした。大型ハリケーン「マシュー」の影響でメキシコ湾に集まる石油施設の操業が停止する可能性も意識されたことや、OPEC加盟国と非加盟国が8~13日にトルコのイスタンブールで、前月にOPECが合意した減産の枠組みについて話し合う見通しとの前日の報道が買い材料になりました。NY円相場は1ドル=103円90銭~104円00銭の45銭円安・ドル高でした。

 

NYダウは反落しましたが、円相場が1ドル=104円台の円安に振れている上、原油先物相場も堅調です。このため、本日の日経平均は堅調推移が見込まれます。ただし、9月の米雇用統計発表を控えた、3連休前の金曜日ということで、積極的な売買は手控えられ、また、日経平均は昨日まで4連騰しているため、買い方のポジション調整の売りも出る公算です。よって、商いはそれほど盛り上がらず、且つ、上値は重そうです。想定レンジは25日移動平均線(6日現在16747.23円)~25日移動平均ベースのボリンジャーバンドプラス2σ(同17125.63円)です。物色面では、円安で輸出関連が、原油先物高で資源関連が買われそうです。また、自民党の茂木政務調査会長の「カジノ法案審議入りに公明の理解得たい」とのコメントが伝わり、関連銘柄が人気化する可能性があります。ただし、審議入りに慎重な姿勢を示している公明党を説得できるかは、現時点では不透明のため、カジノ銘柄物色がヒートアップするのは厳しそうです。

カブ知恵厳選おすすめ投資顧問

カブ知恵スタッフが実際に登録し、情報提供を受けている投資顧問をピックアップ!短期取り組みに強い投資顧問、材料株に強い投資顧問、人気テーマをいち早く配信する投資顧問、ファンドなど機関の取り組み状況を配信する投資顧問、狙い目IPO銘柄を教えてくれる投資顧問、それぞれに特徴やメリットがあります。基本的な情報配信はメルマガ登録だけの無料で受け取ることができますので試してみるといいでしょう。おすすめです。

勝ち株ナビ

勝ち株ナビ

プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析、データ・メソッドをフル活用した解析プログラム、社会情勢判断を踏まえた高度な分析、海外市場動向も随時チェックしあらゆる観点から導き出された『勝ち株』を完全ナビゲーション。勝ち株ナビは雑誌やWEBメディアなど各方面で紹介されている話題の投資顧問です。

>>勝ち株ナビへの無料登録はコチラ<<

最強!!株トレード投資顧問

株トレ

短期取り組み銘柄に強く、旬のテーマ株情報もいち早く配信している投資顧問です。登録後すぐに株トレード投資顧問一押しの3銘柄を無料で見ることができるとのこと。まずはその銘柄の動きを見て力を確かめてみるといいでしょう。無料銘柄相談も忘れずに。免許を受けた投資助言代理業だからこそ売り買いの指示を的確にしてくれるはずです。

>>株トレード投資顧問への無料登録はコチラ<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ